背中のマッサージ

精油というツールを使う。

施術するためには手を使う。


心と体に投げかけているものは何だろうかと思う一時。

手のなかには何があるのだろうと時々、手を見る。

そこには答えがあるようなないような。

つかみどころもないし、正解もない。背中に手をあてる一時。

それ以上でもそれ以下でもなく、心の器ということを少し、思う時間。
器は少しずつ、大きくなっていく。

概要

レッスンの歩み

第1章 セルフケアーのためのアロマレッスン 全6回
第2章 セラピスト講座<座学編> 全10回
第3章 セラピスト講座<実技編> 全10回
第4章 英国式リフレクソロジー<実技編> 全6回

リフレクソロジーセラピー

はじめの一歩

英国式リフレクソロジー名古屋初上陸というキャッチフレーズに惹かれ、説明会に出席したのがはじまりでした。はじめて足裏を押したときに小宇宙と繋がる感覚に魅了され、1999年7月にRAJA日本リフレクソロジー協会でリフレクソロジーを取得。​リフレクソロジーを通じて施術する、押したときの一体感に引きつけられました。​それが私の道になりました。

Massage Table

経験から学ぶ

「一押し、一押しの細かい仕事です。」
と、昔、ボディケアの仕事をしているときに大先輩に言われたことがあります。
その積み重ねを感じる瞬間。
それは、お客様がはじめてご来店いただいた時のことを思い出す瞬間のときで、本人の努力を感じたときでもあり、そして、いろいろと勉強させていただいて、育てていただいたのは私の方だと感じられたとき。

ボディーはかけがえのない宝箱。

ボディーには敬意を払い、クリアーな状態でボディーに語りかけ、傾聴の気持ちで手を当てていく。

お問い合わせ

aroma healing pumehana

058-213-7073

背中のマッサージ